ふぇどらさんが悪いわけじゃない…
こちらのまとめもどうぞご覧ください

研究室のパソコンのインストールメモ。
同じ症状に悩まされてる方のために…まとめページw
どうせロボット検索から逃れられないんだし☆


PCのスペック
マザーボード:MSI 915G Neo2
CPU:Intel Pentium4 3.00GHz
メモリ:512MB×2
WinXPはインストール済み。
その際にLinux用のパーティションも確保済み。

トラブル1:
CDからインストーラーを起動しようとしてKernel Panicがおきて起動できない
エラーメッセージ:Kernel panic - not syncing: Attenpted to kill init!

原因概要:
チップセットが原因で、このようなことがおきているとか。
Intel 915Gとか、またはこの前後のチップセットでおきている模様。
今回は一般に言われている解決策を組み合わせたらできました☆
これは、一個前の投稿にも解決策があります。
あそこが参考にしたページです♪

解決策:
1.「boot:」とでたら、一回エラーを吐かせるために適当に文字を入れてEnter
2.エラーが出てもう一度「boot:」とでたら、そのままEnter

これが一般的なのですが、私のPCはひねくれてます。2の代わりに、2’を行います。
2’.エラーが出てもう一度「boot:」とでたら、「linux pci=nosort」と入れてEnter
これで正常にインストーラーが起動します。

トラブル2:
インストールは完了したが、リブートしたらまた同じKernel Panicになった
エラーメッセージ:Kernel panic - not syncing: Attenpted to kill init!

原因概要:
先ほどとまったく同じ原因とか。
今回はブートローダー(GRUB)で起動しているので、「linux pci=nosort」もダメ。
GRUBの設定を書き換えて起動します。

解決策:
1.GRUBの画面でFedora CoreのOSを↑↓で選んでeを押す。
2.kernelの行を選んでeを押す
3.kernelの行が編集できるようになるので、行の最後にスペースを空けてpci=nosortを追加してEnter
4.一個前の画面に戻るのでbを押すと起動する
5.うまく行ったら、 /boot/grub/grub.confの同様の行を修正すると毎回指定しなくてもOK


これ以降は長すぎるので次の投稿へ…
[PR]
by defeatking | 2005-10-31 16:10 | 研究・技術のこと
<< ふぇどらさんが悪いわけじゃない…2 ふぇどらさん・メモ >>